お得情報

2015.5.30
エコチル調査本格始動して1年。参加母親は10万人を突破。環境の子供に対する影響を懸念する親が多くなっていることを表している。
「エコ」は環境重視を意味する「エコロジー」[チル]は子供達を意味する「チルドレン」から、飲食物・飲み水・大気・その他生活環境にある化学物質が、子供達にどのような影響を与えるかを調べる為に、対象期間に生まれる日本の新生児の3%に当たる、10万組の親子に参加してもらい、当該児童が13歳になるまで親子共々健康状態を長期間に亘って行なう、疫学調査です。
調査する主な環境化学物質は、ダイオキシン類や農薬の成分などの残留性有機化学物質と重金属類(水銀・鉛・ヒ素・カドニューム)自動車の排気ガスに含まれるベンゼン類・有機溶媒のトルエン・建築用合板の接着剤に含まれるホルムアルデヒド等の揮発性有機化合物・プラスチックの容器から溶出するモノマーやビスフェノールAといった内分泌かく乱化学物質など多岐に亘って調査することになり、化学物質から子供の健康を守る始めての取り組みが、まずは調査からですが、日本で始まりました。
化学物質化敏捷やアトピー患者が減少する事を願います。

2015.5.30
エコ・ポイントの申請は11月末日まで、省エネに配慮した住宅の新築や改修をした消費者に、商品券や地域特産品などと「住宅エコポイント」制度の利用に拍車がかかった。
内窓(インプラスSG)施工のエコ商品で「風の進入や防音にも効果があるし、8万ポイントも貰えたよ」と喜んでおられました。もちろん新築の方は30万ポイント付与されました。
ページ上部へ